1. TOP
  2. 和室のあるホテル
  3. 【体験談】福島・エコホテルいわき湯本はお得に大家族旅行を楽しめた!

【体験談】福島・エコホテルいわき湯本はお得に大家族旅行を楽しめた!

大家族宿泊ガイドのふーくん&ちーちゃんです。

何と今回のパパのお休みは、まさにお盆のスタートというタイミング。

お盆休みとなるとホテルはどこも高いし、うちは人数が多いし、1泊だけでもかなりの費用がかかってしまう…。

そんなとき、小学生の子どもがいると福島県にある「エコホテルいわき湯本」がお得と聞いて、調べてみたら、お盆期間にもかかわらず、2泊で50,760円(税込)という、他のホテルだと1泊分くらいしそうな料金でした。

しかも、うちは子供4人(小学生3人、幼児1人)だけど、未就学児1人は添い寝OKでカウントしない!!

そしてそして、子供からのリクエストに「スパリゾートハワイアンズ」があって、このホテルから激チカ!!!

ということで、今回は、エコホテルいわき湯本を使って、福島・いわき旅行を楽しんできました。

目次

福島・ハワイアンズ旅行に近くて便利、子供3人の家族5人、幼児がいれば家族6人で泊まれる宿「エコホテルいわき湯本」はどこにある?

場所は、福島県いわき市常磐上湯長谷町釜ノ前9で、常磐道いわき湯本インターチェンジを出て5分くらいのところにあります。

ふーくん
初めてのところって、どこだろうどこだろうとか不安になるけど、全然、心配なかったね。
ちーちゃん
ほんと、あっという間だった!子供たちも「近いじゃん!」って笑ってたね。

インターを降りてホテルに直行すると、ほんと、すぐに着きます、迷っている暇はありません(笑)

駐車場は車10台分のスペースで、予約の際に、車で来るかどうかを、事前に伝えます。

夜遅くに戻ってきたら、10台分が埋まっていましたが、空いているところをうまく使って車を停められるように誘導してくれました。

他の車が先に出ることも考えられるので、10台分のスペース以外に車を停めた場合は、フロントに車のキーを預ければOKです。

なお、チェックインの時間は午後4時~深夜11時まで、その他、セキュリティの都合で、深夜0時~朝6時まで、出入りができなくなりますので、チェックインの時間や遊んでから帰る時間にはご注意くださいませ。

ホテルの利用料金は、チェックインの際、現金のみでの取り扱いですから、準備を忘れないようにしてくださいね。

お目当てのスパリゾートハワイアンズまでは車で3分の距離でとても近くのところにあり、夜遅くまで遊んでも、すぐにホテルに戻れます。

福島・ハワイアンズ旅行に近くて便利、子供3人の家族5人、幼児がいれば家族6人で泊まれる宿「エコホテルいわき湯本」は全館禁煙、全室和室だった

今回、使った部屋は10畳で定員5人でしたが、幼児を1人、添い寝にできたので、家族6人の宿泊ができました。

心配なことの1つが喫煙可能か禁煙か。

小さい子供もいますし、パパはたばこの煙やにおいが苦手。

ところが、「エコホテルいわき湯本」は、全館禁煙!

部屋は禁煙が良かった我が家にとって、願ったりかなったりの場所でした。

ちなみに喫煙所も用意されていて、ホテルの正面玄関の近くにありましたよ。

そして、部屋は全て畳の和室。

ベッドの角に頭をぶつけるとか、誰がベッドに寝るだとかでけんかもなかったですから、小さい子供がいても安心して休めます。

「エコホテルいわき湯本」の詳細はこちらから

福島・ハワイアンズ旅行に近くて便利、子供3人の家族5人、幼児がいれば家族6人で泊まれる宿「エコホテルいわき湯本」がリーズナブルな理由

私たちが使った和室10畳の部屋は、通常の平日ならば定員5人で素泊り1泊10,000円(1部屋の料金、税別)で、1人あたり2,000円の破格の宿泊費!

大家族にはうれしい、部屋単位の料金設定も助かりました。

お盆休みで連休のときは、さすがに料金は上がりますが、それでも、2泊で47,000円(税別)、添い寝は無料といっても、6人で考えると、1泊1人あたり約4,000円という、ピークにしては、かなりリーズナブルな料金でした。

その秘密は、セルフサービスやアメニティ、設備、宿泊プランにあると感じました。

福島・ハワイアンズ旅行に近くて便利、子供3人の家族5人、幼児がいれば家族6人で泊まれる宿「エコホテルいわき湯本」は自分で布団を敷く

リーズナブルな料金設定の理由の1つが、布団は自分たちで敷く、片づけるというところにあります。

セルフでやるからこそのお得な価格です。

なお、連泊の場合、お部屋の掃除はなく、和室部分にまでスタッフの人が入ってくることもないので、敷きっぱなしでも大丈夫でした(笑)

シーツを交換したい場合は、フロントに希望を伝えれば、新しいものを用意してくれるとのことでした。

新しいシーツは、部屋の中まで入らず、ドアを開けてすぐのところに置いてくれるとのことですよ。

福島・ハワイアンズ旅行に近くて便利、子供3人の家族5人、幼児がいれば家族6人で泊まれる宿「エコホテルいわき湯本」のアメニティはこうだった

お盆期間でもリーズナブルな料金で使える理由は、おそらく、アメニティにもあります。

部屋はバス・トイレ付で、タオル、バスタオル、ハンドソープはありますが、
シャンプー
リンス
ボディソープ
歯ブラシ
ひげそり
ヘアブラシはなく、とても簡略されています。

トイレには温水洗浄機能もありませんでした。

部屋のお風呂は子供といっしょなら2人でも入れるサイズですので、もし、部屋のお風呂を使うなら、シャンプー、リンス、ボディソープは持参です。

連泊の場合、タオルとバスタオルは、1日ごとに新しく用意してくれますし、シーツと同じように、ドアを開けてすぐのところに置いておいてくれます。

洗面台は2か所あって、1つがバスルーム、もう1つが部屋の窓際にありますし、部屋の中の洗面台にドライヤーがついていました。

大浴場には、リンスインシャンプーとボディソープがありました。

大浴場の利用時間は、朝6時~9時までと夕方4時~深夜0時までですので、遊びに遊んで帰りが遅くなったときには、使える時間に気をつけてくださいね。

※さすがに大浴場でスマホのカメラを使うのは不謹慎なので、部屋のマニュアルにある写真を撮りました※

館内では無料のwi-fiに接続することができたので、データ通信の残量も気にせずに、ハワイアンズをはじめとしたいわき周辺の観光情報を集めることもできますよ。

福島・ハワイアンズ旅行に近くて便利、子供3人の家族5人、幼児がいれば家族6人で泊まれる宿「エコホテルいわき湯本」は共同で冷蔵庫を使う

部屋には冷蔵庫がなく、ライフルームという共有スペースに設置してありまして、2Fと3Fにそれぞれ1台ありました。

各フロアの利用者が冷蔵庫にジュースなどを入れますので、冷蔵保存の際にはビニール袋にまとめておくといいですね。

この共有スペースに、洗濯機、乾燥機(有料:60分200円)、湯飲み、ポット、給湯器が置いてありますので、各自が必要なときに利用する、ということになります。

また、館内には飲み物などの自動販売機がありませんが、ホテルから1分もかからないくらいのところにコンビニエンスストアがあります。

部屋の窓から見ると、目の前といった感じです。

他にも、車で1~2分のところにはスーパーがあります。

最初は、車を使って買い出しをしておいて、足りないものが出てきたら、コンビニで調達するという感じで過ごしました。

コンビニは24時間ですが、門限があるので、お買い物は早めに済ませておいてくださいね。

福島・ハワイアンズ旅行に近くて便利、子供3人の家族5人、幼児がいれば家族6人で泊まれる宿「エコホテルいわき湯本」には子育て応援プランがあった

リーズナブルな価格のおかげで、定員3人の部屋を使う利用者や定員10人の部屋をサークルの合宿などで使う学生からも大人気のようです。

私たちが使ったときも、満室でしたよ。

そして、子育て中のファミリーに人気の理由は、パパ・ママのお財布にも優しい、小学生以下の子供がいるとお得になる、特別プランにもありました。

子供連れファミリー限定のプランで、1人以上の小学生以下の子供を連れていくと、特別料金での提供になるんです。

子育て中の家族を応援しているそうですよ!

なお、女性用の大浴場には、ベビーベッドや浴室用ベビーチェアがありますので、小さな子供がいても安心です。

「エコホテルいわき湯本」の小学生以下の子供がいるとお得なプランはこちらから

この後は、スパリゾートハワイアンズで便利なおすすめの持ち物をご紹介しますね。

格安のエコホテルいわき湯本から車で3分、スパリゾートハワイアンズでこれがあると便利なおすすめの持ち物とは!

スパリゾートハワイアンズは、東京ドーム6個分の敷地に、いわき湯本温泉の豊富な湧出量に支えられた6つのテーマパークで構成されている、老若男女問わず、超がつくほど大人気の施設です。

特に、全長283m&高低差40.5mで、日本一のボディスライダー「ビッグアロハ」は、混雑時には120分待ちになるほど、注目を浴びに浴びています。

また、多くのファミリーがメインで遊ぶと思われる南国ムードの全天候型大ドーム「ウォーターパーク」は、椰子の木と水に覆われ、スライダーで水と遊び、美しく情熱的なポリネシアンショーを見ることができます。

その他、南ヨーロッパ風の吹き抜けドームの温泉公園「スプリングパーク」、リゾート感あふれる温泉楽園「スパガーデン パレオ」、江戸時代の雰囲気を味わえる大露天風呂「江戸情話 与市」、温泉浴や様々なサービスを組み合わせた独自のプログラムで健康と美を感じる「ウイルポート」といったパークで、一日中、楽しむことができます。

スパリゾートハワイアンズであると便利なおすすめの持ち物:その1「スイムタオル」

ファミリーですと、主に、ウォーターパークのプールで遊ぶことになりそうですし、スプリングパークやスパガーデンパレオのお湯につかりながら楽しい時間を過ごすと思います。

ただ、プールなどから上がって体に水がついていると、ぞくっとすることがあるかもしれませんし、小さな子供ですと、顔に水が付くのを嫌がることもあるかもしれません。

そんなとき、さっと水を拭き取れる水泳用のスイムタオルが便利でした。

吸水性も抜群ですし、一度、しぼるとすぐに乾くので、体もタオルもびしょ濡れのままで移動することはありませんでした。

ハワイアンズの他にも、プールで大活躍すると思いますので、1枚、持っておくと思いますよ。

スパリゾートハワイアンズであると便利なおすすめの持ち物:その2「防水ケース」

更衣室にコインロッカーはありますが、お金や携帯電話などを取りに行ったり来たりするのも大変です。

そこで、エントランスで販売していた防水ケースが大活躍でした。

水が入らないように、3重のチャックがあり、さらに、くるくる巻いて、マジックテープで止める仕組みになっています。

お札を入れておいても濡れることはありませんでしたし、ケースの上からスマホを操作することもできます。

それに、日本一のボディスライダー「ビッグアロハ」を滑るとき、小物などは置いておかないといけませんが、この防水ケースは首からかけて滑ることができます。

こんな感じでスマホを入れて、動画を撮影しながら、ビッグアロハを滑っていけるので、迫力満点、臨場感あふれる映像を、記念に取っておけますよ。

スパリゾートハワイアンズであると便利なおすすめの持ち物:その3「セブンカード・プラス」

防水ケースにお金を入れておいてもいいのですが、ケースからの出し入れは大変でした。

そこで、あったらよかったな、というのが、このクレジットカード「セブンカード・プラス」です。

ハワイアンズでは、クレジットカードや電子マネー、プリペイドカードなどが使えるのですが、特殊なサービスなどを考えると、「セブンカード・プラス」が最も便利だなと思いました。

キャッシュレスのリストバンド決済に使える

このリストバンド決済は、水着エリアのレストラン、売店、フロントなど、館内でお金を持ち歩かなくても飲食や買い物が、リストバンドの提示だけでできる、便利なキャッシュレス決済システムです。

これ1つあると、お金の出し入れといった手間がなくなり、クレジットカード会社から、後日、引き落としされる流れです。

本来ならば利用前に、Webでの申し込みが必要ですが、当日、フロントでの受付も可能です。

リストバンド決済を当日、申し込む際には、ICチップがついたクレジットカードでないといけないので、「セブンカード・プラス」ならば、その条件は満たしています。

他にもICチップのついたクレジットカードはありますが、電子マネーも使えるところを考えると「セブンカード・プラス」がベストです。

各種電子マネーが使えるけれども、チャージできるのはnanacoだけ

昼食、スライダー利用券、有料席、おみやげなどなど楽しみも盛りだくさんですが、リストバンド決済の使い過ぎでクレジットカードの支払に不安を感じる人もいるかなと思います。

そうしたときに、もう1つ、買い物で助かるのが電子マネーで、交通系をはじめとして、ハワイアンズでは様々な電子マネーが使えます。

でも、チャージできるのはnanacoだけ、2Fのエントランスにセブン銀行のATMが設置してありまして、そこでチャージできます。

この「セブンカード・プラス」はnanaco一体型が用意されていて、防水ケースからの出し入れ不要、ケースに入れたまま、お支払いができるんです。

リストバンド決済、電子マネー、どちらを使っても便利ですし、最初は現金をチャージして電子マネーでのお支払い、足りなくなったら、リストバンド決済というように使い方を選べる点で、「セブンカード・プラス」をおすすめします。

セブンカード・プラスにはポイントサイトを経由したお得な申込方法がある!

「セブンカード・プラス」は初年度年会費無料、年間5万円以上の利用があれば、翌年度も年会費は無料になります。

また、セブン&アイグループ各社での利用に加えて、JCBやVISA加盟店でも、お得にnanacoポイントが貯まりますし、セブン-イレブンの対象商品のお支払いでもボーナスポイントが貯まります。

8のつく日(毎月8日、18日、28日)は全国のイトーヨーカドーおよびネットスーパーでのカード払いで5%割引があります。

これから、セブンカード・プラスを申し込む場合、直接、公式ページから申し込むのもいいですが、「ポイントサイト」を使って申し込むと、現金にも換金できるポイントをもらえて、お得になります。

ポイントサイトとは、ページ内で紹介されているインターネット通販で買い物をしたり、アンケートに答えたりすると、決められたポイントがもらえるサイトです。

貯めたポイントは、基準に達すると、現金や商品券などに交換できる仕組みになっています。

ネット通販などの企業側が、ポイントサイトに広告を掲載するなどして支払う紹介料が元手になっています。

現実世界での日常のお買い物やクレジットカードなど公式サイトでの申し込みをポイントサイト経由にすることで、ポイントが貯まり、現金などに変えることができますので、ポイントサイトを活用するほうがお得になるわけです。

私たちもポイントサイトを活用していて、その中でも、一番、お得感を得られるのが「ポイントインカム」です。

まず、↓こちらのリンク↓からポイントインカムに加入すると、1,000ポイント(100円分)がもらえます。

その後、ポイントインカムで「セブンカード・プラス」を検索し、カードを申し込むと、さらに40,000ポイント(4,000円分)がもらえます。

このカードの申込だけでなく、ポイントインカム内で、様々な買い物をすると、現金にも変えることができるポイントがどんどんたまっていきますので、ぜひ、活用してみてください。

そして、お得に、便利に、ハワイアンズ旅行を楽しみましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

大家族宿泊ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大家族宿泊ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ふーくん&ちーちゃん

ふーくん&ちーちゃん

ふーくん(パパ)、ちーちゃん(ママ)2人とも25歳で結婚、26歳で第1子が誕生。その後、7年間で4人の子供に恵まれました。ふーくんは週末でも仕事が忙しくて、たまのお休みを見つけたら、家族そろって旅行するのが楽しみです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【体験談】福島・エコホテルいわき湯本はお得に大家族旅行を楽しめた!

  • 【実質無料も!】EPARK(ビューティー、からだリフレ)を使うなら、どのポイントサイトを経由するとおすすめか、比較してみた!(2018年5月版)

  • ☆最大32000円相当☆dカードGOLD、dカード申込はどのポイントサイト経由がお得か比較!新規入会キャンペーン利用でプレゼントもGET(2018年5月版)

  • ☆厳選☆ライフカードの新規入会キャンペーンはどのポイントサイト経由の申込がお得?最大23,000円相当獲得!(2018年5月版)

関連記事

  • オリエンタルホテル東京ベイを使ったら夏休みのディズニー観光旅行に便利だった!

  • ドーミーイン金沢の和室を使ったら金沢観光に便利だった!大家族向けのホテルをご紹介

  • 都市センターホテルの和室が東京旅行に便利!大家族向けの宿泊先をリサーチしてみた

  • 子供3人、子供4人の大家族向け宿泊旅行のブログを開設しようとした3つの理由

  • 【体験談込】大家族向け子連れ宿泊旅行の部屋選び、子供3人、4人の場合は成長に応じて3種類考えた